Arancione Fenice’s diary

趣味、いろいろ。日常、いろいろ。

保留にしていたアナログプレーヤーを買ってしまいました。

Clearaudio comcept MMの中古。

ただし針は純正ではなく、shureの針がつているもの。ヤフオクで落札。リード線とカートリッジを繋ぐソケットのゴムが破れかかっててそこだけをみると酷使されたようにも見える。ヤフオクではそこの画像が写ってなかったのはちょっと出品者さん、狡くないっすか?と思いつつ、他は概ね綺麗。ちゃんと大事に使われていた印象なのでまぁ失敗ではあるまい。

一ヶ月くらいは家庭の事情で設置できずにいたんだけど、先月下旬に畳スペースに仮設置。MOON 240iに接続。取説をよく読み、webでアナログプレーヤーのお作法を学習。針圧計と水準器がないとダメみたいなのでヨドバシドットコムで注文。そもそも聴くレコード自体がなかったので中古レコード屋で慌てて2枚購入。一枚はビルエバンストリオの年代不明の古いもの。もう一枚はThe SQUAREのMagic。中学生の頃に「いとしのうなじ」を聴いて以来、スクウェアは好きなインストバンド。このMagicは聴いたことがなかったのでちょうど良いと思って買ってみた。この2枚で1200円くらい。

ファーストインプレッションとしては音が滑らかで音色が自然なこと。アコースティックな楽器の音色が美しい。帯域は狭く、S/Nも良くない感じ。左右のセパレーションが良くないのか音像がはっきり出る感じではなく、空間表現はデジタルに及ばない。総合的にはCDなんかのデジタルの音の方が良いのだけど、この自然な音色の虜になる人がいるのは分かる気がした。

この先、アナログプレーヤー、レコード(Vinyl)との付き合いはどうなるだろうか?

初めてのアナログプレーヤー